可能到今天为止。。我的寒假才过去了两天。。然而我们25号就开学了。。
表示完全不懂为什么学校要这么安排我们的放假。。
和我们说的理由是为了选考。。
然而这么早的开学。。还是考不过重点的人。。有什么逼用

签证

期末考的第二天。。我妈突然和我说让我去准备签证的东西。。表示满脸懵逼
然后昨天才准备完材料什么的。。唉。。
真的是麻烦。。
Scan
Scan1

我才不会给你们看我照片。。哼~

寒假计划

  1. 物理选修3-5
  2. 背完政治的必修部分(没办法。。谁叫我只考了 B。。
  3. 弄个新的 Phone(感觉不太可能吧。。

差不多就这些。。想到了补上去吧 (≧▽≦)

最后放一首打上花火。。吧
最近又被洗脑了。。 ╮(╯▽╰)╭

作曲:米津玄師
作词:米津玄師
あの日見渡した渚を【那天所眺望的海岸】
今も思い出すんだ【直至今日仍能想起】
砂の上に刻んだ言葉【在沙滩上刻下的话语】
君の後ろ姿【和你的背影】
寄り返す波が【涌动的波浪】
足元をよぎり何かを攫う【掠过脚边究竟掠走了什么】
夕凪の中【风平浪静之中】
日暮れだけが通り過ぎて行く【只有黄昏悄悄地流逝】
パッと光って咲いた【光芒怦然绽放】
花火を見ていた【烟花映入眼帘】
きっとまだ終わらない夏が【一定是夏天还未结束】
曖昧な心を解かして繋いだ【将暧昧的心结解开再紧紧相连】
この夜が続いて欲しかった【愿今夜永不结束】

「あと何度君と同じ花火を【还能与你一起看几次】
見られるかな」って【同样的烟花呢】
笑う顔に何ができるだろうか【面对你的笑容我又能做些什么呢】
傷つくこと喜ぶこと【受伤亦或是喜悦】
繰り返す波と情動【浪来浪去与情动】
焦燥最終列車の音【焦躁响起了末班列车的声音】
何度でも言葉にして君を呼ぶよ【无数次用言语呼唤着你】
波間を選びもう一度...【向着海浪再一次】
もう二度と悲しまずに済むように【祈祷不再感受那份悲伤】

はっと息を飲めば【呼吸骤然停滞】
消えちゃいそうな光が【那快要消失的光芒】
きっとまだ胸に住んでいた【一定仍留存在心中】
手を伸ばせば触れた【伸出手就能触及】
あったかい未来は【那温暖的未来】
ひそかに二人を見ていた【默默地守望着两人】
パッと花火が(パッと花火が)【怦然绽放的烟花】
夜に咲いた(夜に咲いた)【在夜空中绽放后】
夜に咲いて(夜に咲いて)【在夜空中绽放后】
静かに消えた(静かに消えた)【又静静地消失】
離さないで(離れないで)【请不要离开】
もう少しだけ(もう少しだけ)【再给一点点时间】
もう少しだけ【再给一点点时间】
このままで【就这样一直】

あの日見渡した渚を【那天所眺望的海岸】
今も思い出すんだ【直至今日仍能想起】
砂の上に刻んだ言葉【在沙滩上刻下的话语】
君の後ろ姿【和你的背影】
パッと光って咲いた【光芒怦然绽放】
花火を見ていた【烟花映入眼帘】
きっとまだ終わらない夏が【还未结束的夏天一定会将】
曖昧な心を解かして繋いだ【暧昧的心结融化相连在一起】
この夜が続いて欲しかった【愿今夜永不结束】